腹筋トレーニング!間違えたフォームは太ももを太くする⁉︎

腹筋のトレーニング下半身痩せ 成功

@銀座のおしゃれカフェ

こんにちは。

脚痩せパーソナルトレーナーの今村です。

今回は腹筋の話

下半身痩せ、脚痩せと同じくらい人気に部位“腹筋

腹筋を引き締めるために頑張って筋トレをやる。

素晴らしいことです。

ところが、

この時に間違えたフォームで腹筋を筋トレしてしまうと、脚が太くなってしまうのをご存知でしょうか?

腹筋のトレーニングやったら腿の付け根あたりが痛くなった。

こんな経験がある方は要注意です!

下半身痩せの専門家
下半身痩せの専門家

●公式LINE登録で小冊子プレゼント!●

下半身痩せの記事やエクササイズ動画が月1回不定期で届くよ。

お友達登録はこちらをクリック!

友だち追加

フォロワー数984名

腹筋やると足が太くなる理由

それでは、腹筋のトレーニングを頑張ると足が太くなる理由をお話ししていきます。

なぜ脚が太くなってしまうのか?

その理由は簡単です。

腹筋ではなく脚の筋肉を使って動いてしまうからです

特にレッグレイズ系の腹筋のトレーニングを行うと、脚が太くなりやすい傾向があります。

立った時に反り腰の方や裏腿やふくらはぎが硬い方はが仰向けになると腰が反ってしまいます。

そういう構造に体がなってしまっているので、これは自分の意識ではどうにもなりません。

そしてそのまま足を動かしてしまうと、腹筋ではなく腿の付け根付近が動いてしまい、結果として足の筋肉で下半身を動かしてしまうのです

それを続けていくうちに段々と脚が、特に太ももの外側が太く(張って)なっていくのです。

腹筋をきちんと使う

ということで反り腰の方は腹筋を上手に使うためにきちんと準備をしないといけません

腰が反ってしまう原因をいくつかご紹介して、その解消方法を解説していきます。

裏もものストレッチ

腰が反ってしまう原因のひとつに“裏ももが硬い”と言うことが考えられます。

裏ももの筋肉と腰の筋肉は繋がっているので、裏ももの筋肉が硬くなると腰の筋肉も一緒に硬くなってしまいます。

だから、これを放置したまま腹筋をトレーニングしてしまうと腰が反ってしまい、腹筋ではなく脚を使ってしまうのです。

前屈でも良いし、開脚でも構いません。

まずは裏腿をストレッチしましょう。

腹式呼吸

呼吸が浅いと腰が反る。

反り腰の原因の一つに腹式呼吸が出来ないというのがあります。

詳しくは割愛しますが、腹式呼吸ができないとお腹を膨らませることができなくなり、腰で呼吸をしてしまいます。

その結果、腰がどんどんと反っていってしまうのです。

ということで、腹式呼吸を再学習するために呼吸のトレーニングを行います。

このような感じで仰向けになって腹式呼吸の練習を腹筋のトレーンニングの前に行うと、効果的に腹筋を鍛えることができます。

まとめ

と言うことで、“腹筋のトレーニングをやったら腿の付け根が痛くなった”と言うかたはそのまま腹筋のトレーニングを頑張ると脚が太くなる可能性が非常に高いです。

なので、そのまま腹筋のトレーニングを頑張らずに、必ず対策を行ってから腹筋のトレーニングをはじめましょう!

お知らせ

●公式LINE登録で小冊子プレゼント!●

下半身痩せの記事やエクササイズ動画が月1回不定期で届くよ。

お友達登録はこちらをクリック!

友だち追加

フォロワー数984名

下半身やせトレーニングを体験したい方はこちら

銀座で下半身痩せ専門パーソナルトレーニングジム